日銀の総裁人事が変更して一回目の日銀の金融政策の会合が2013年4月4日に終了しましたが、そこで打ち出された政策は市場関係者にとっても好評だったようで、その結果が大きな株価の上昇へと結びつきました。
その理由としては、日銀自ら市場に流通している株式、投信、不動産投資としてのリートといった金融商品を購入しようとする内容であったからです。


つまり、これは日銀が金融緩和措置を行いつつ、市場のプレイヤーとしても参加して責任を果たそうとする決意の表れと見たからです。

それを受けて2013年4月5日には一時期1万3200円日経平均株価となり、今年に入って出来高も最高となる結果となりました。

あなたに合った埼玉の不動産投資が勢いに乗っています。

特に不動産関連の銘柄と金融銘柄が相場を牽引したことは間違いありません。

日本の長引く不況の原因であるデフレ退治のためには、地価の上昇を引き起こす必要があります。



デフレスパイラルの影響は、将来の不動産や物の価格が値下がりするであろうと予測することであり、それだと積極的に不動産投資を行われなく、活性化されないからです。


不動産投資は高額なために、一番影響力が強い点はあります。不動産投資によって地価の上昇を引き起こすことが出来れば、土地や建物は所有者が金融機関から金融を融通しようとする場合には、それを担保として差し入れますので、その評価が高ければ多くの融資を受けるからです。



また以前よりそれを担保にお金を借りていた人にとっても担保価値が上がれば、換金しても大きなメリットを受けることが出来ます。

このように不動産投資を積極的に推進する政策を日銀が自ら行うという市場に対するメッセージは強烈であった訳です。


市場に上場しているリートの価格を調査してみると去年の年末と比べて約2倍近く上昇して高値圏内にあるという声も聞かれます。確かに不動産投資としてのリートは、人気にもなりつつありますが、デフレがあまりにも長かったために本来の価格の一部が戻ったに過ぎないという意見もあります。

今後は長期的な展望として考慮すると、不動産投資としてのリートは売却益の他に分配金が高配当も見込まれ、しかも日銀の金融政策における積極性からまだまだ上昇する可能性を秘めています。
今後の日銀の政策は投資家にとっても目を離すことが出来ないものかもしれません。



Copyright (C) 日銀政策と不動産投資の相関関係について All Rights Reserved.